介護保険法と科学的介護: 高齢者の尊厳と自立への道 | ポスト・ヒューマン・ジャパン株式会社

ブログ

  • ブログ2023.07.14

    いつもお世話になっております。

    PHJの谷本です。

    文明の発展とともに、しかし、なぜか全く発展していない分野が急性期医療です。

     

    私たちの社会は高齢者に対する新たな問題に直面しています(何十年も前から同じことの繰り返しなのですが)。

    その一つが、老年期における急性期医療における人的リソース不足を理由とした、

    (21世紀になっても変わらない)絶対安静文化による廃用症候群の問題です。

     

    いわゆる、寝たきり老人の増加です(1990年代か!医療は科学的なはずなのに・・・なんでわざわざ・・・・・?)。

     

    これは高齢者が病院で過度にベッドに固定され、日常的な活動能力が低下し、時には寝たきり状態になるという問題です。

     

    「歳だからね〜しょうがないんですよー!」という誰かによるエイジズムの発言を合言葉に!「寝かせきり」。

     

    世界に冠たる医療保険制度が作り出したビジネスモデルです。

    要支援からあっという間に要介護。

     

    さらに、この人材不足(とやら)が具体的に何を意味するかと言えば、

    例えば看護師の負担を軽減するための安易な導尿カテーテルの挿入など、

    医療行為が本来の目的から逸脱し、患者の健康よりも医療現場の運用効率が優先されてしまう事例を指します。

     

    2025年も近いというのに、いまだにそんなことが続いています。

     

    「医は仁術」ではなく「算術」になっているのでしょうか?完全に。

     

    一方、介護の場では、ノウハウ不足とリーダーシップの無機能、マネジメントの脆弱性が課題となっています。

     

    これに対する解決策として、医療法の改正、診療報酬の改定、病院の改革などが議論されてきました。

     

    しかし、これらの施策は遅々として進まず、現実的には高齢者を制度の矛盾と狭間の谷間に落とす結果となり続けてきました。

     

    日本では医療に関する改革は、ほぼ絶対に進まない構造になっているからです。

     

    政治のコントロールが及ばない世界に時間と労力を使ってもしょうがないので、

    私たちは、どのようなアプローチが必要と考えるべきか?

     

    答えは、介護保険法の改革にあります。

     

    いわゆる「科学的介護」の理解と実践にあるのです。

     

    科学的介護とは、エビデンスに基づいた介護を提供し、高齢者の身体的自立を促進し、生活の質を向上させるという考え方です。

    これには水分ケア、腸内環境改善ケア、歩行ケア、排泄自立支援ケアなどが含まれます。

     

    しかし、その実践には課題があります。

    それは、現場のスタッフが十分な知識やスキルを持つだけでなく、

    その実践を統括するリーダーシップやマネジメント力も必要とすることです。

     

    人手不足の医療現場では、これからも、2025年になっても、2040年になっても高齢者の疾病管理や怪我の治療のために、

    看護職の負担を軽減するということも両立させることで、

    高齢の入院患者を廃用症候群にしてしまう現実が変わらないかもしれません。

     

    しかし、それを救うのは、介護保険法の事業者の役割になることを、社会福祉法人は特に肝に銘じなければなりません。

     

    そのため「科学的介護」のノウハウ不足の介護現場では、

    科学的介護の知識やスキルの習得と、それを実践に移すリーダーシップやマネジメント力の育成が重要です。

     

    何度も申しますが、高齢者の尊厳と自立を実現するためには、

    介護保険法に基づく介護施設・事業者による科学的介護の理念を貫くことと具体的な実践が求められます。

     

    これは、診断から治療、そして日常生活への復帰までの全過程にわたる、

    科学的根拠に基づいた個別化された介護計画の実施を意味します。

     

    しかし、これは容易な道のりではありません。

     

    医療・介護スタッフは、科学的介護の理念を学び、新しい技術と知識を身につけ、

    それを日々の実践に取り入れる必要があります。

     

    近年、医療と介護の分野における対高齢者ケアの視点には大きな違いがあると思います。

     

    一方で、医療の領域では個々の高齢者の身体や心の問題、すなわち個人因子に焦点を当てています。

     

    一方で、科学的介護では、高齢者を取り巻く環境を見つめ直し、それが個々の高齢者の健康にどのように影響しているか、つまり環境因子に焦点を当てています。

     

    科学的介護の視点から見れば、高齢者の健康状態は彼らを取り巻く環境に大きく影響されます。

    そして、その環境の一部を担っているのが介護職とその他の職種です。

    その彼らが提供するケアの質が高齢者の健康状態に直接的に影響を与えると考えるのです。

     

    たとえば、介護職が適切なケアを提供できない、またはケアの履行が不十分であれば、

    その結果として高齢者の健康は維持されず、健康回復も困難になります。

    さらに、このような状況は高齢者の廃用症候群の発症や進行をもたらす可能性があります。

     

    科学的介護は、このような問題に対処するための解決策を提供します。

    それは介護職やその他の職種の教育とスキルアップ、ケアの質向上、

    そして、高齢者一人一人に対する適切なケア提供の実現です。

     

    このように、科学的介護は高齢者の健康問題を単なる個人の問題としてではなく、

    より広い視点である環境の問題として捉えます。

     

    その結果、より効果的で質の高い高齢者ケアが実現することでしょう。

     

    この視点こそが、科学的介護が目指す高齢者の健康維持・健康回復・廃用症候群からの回復の道筋なのです。

     

    ではまた!

     

     

    それでは、コマーシャルです!

     

    「2024年&2027年介護報酬改定生き残るための戦略&認知症あんしん生活実践研究会」

    無料説明会を、皆様のご要望により開催が決定しました!

     

    ・7月28日(金)13時30分~15時30分

    ・7月29日(土)10時~12時

    ・7月29日(土)13時30分~15時30分

     

    下記LPをご高覧いただき、是非、ご参加をご検討ください。

     

    https://semican.net/event/posthuman/ohjtyu.html

     

    これからの介護業界を「生き残る」ために必要な情報をご提供します。